元祖地ビール屋【サンクトガーレン】

一升瓶ビール、スイーツビールなど個性的なビールを仕掛ける厚木市の地ビール蔵。日本最老舗地ビール会社で、国際大会金賞常連ビールも多数。

情報は記事を書いた時点のものです。月日の経過で状況が変わっていることがあります。過去の記事をご覧になっている場合はご注意下さい。

2013年11月13日(水)

【11月14日】八重洲バッカス6周年 <限定醸造>ジンジャーIPA開栓!

11月14日、湘南ゴールド樽生が1年中楽しめるビアバー八重洲バッカスが6周年を迎えます。

その記念に限定醸造で「ジンジャーIPA」をつくらせて頂きました。
ジンジャー、日本語で書くと「生姜」です。

生姜ビール??とびっくりするかもしれませんが、現在ジュースとしてお馴染の「ジンジャーエール」の“エール”は、もともと上面発酵ビールの総称であるエール(Ale)のこと。
上面発酵ビール(エール)、下面発酵ビール(ラガー)の違い

もともと「ジンジャーエール」は発祥地のイギリスではビールのことでした。それがいつの間にかアルコールの入っていない清涼飲料水として普及したのです。

今回のジンジャーIPAに使ったのは約200個の生姜。
細かくして入れるほど生姜の風味が出やすくなります。

1番良いのはすりおろして入れることなんですが、そうするとビールが濁ってしまう…。

そのためサンクトガーレンでは200個の生姜を人力で針生姜にして投入しています。

▼実際の生姜を切っているとこ


ご存知の方も多いと思いますが、サンクトガーレンは創業当時、飲茶会社のビール部門としてスタートしています。
サンクトガーレンの歴史

当時のスタッフの手にかかれば200個の生姜を針生姜に加工することなどあっという間(もちろん全てのスタッフに出来る訳ではありません)。

サンクトガーレンのフルーツビールは湘南ゴールドアップルシナモンエールもこうやって果実を手切りしている訳ですが、その工程の大半がこのスタッフに支えられていると言っても過言ではありません(笑)。

生姜は風邪予防や、冷え対策にもなると言います。
実際、このビールを飲むとピリッとした生姜独特の辛さが広がり、身体がポカポカして来ます。

-----

頒布会の皆様には限定でボトルをお送りしています(申し訳ございませんが一般販売はありません)。
その感想を少しご紹介。



飲んでみたい方は、ぜひ八重洲バッカスまで。
ある程度の量を造っていますので年内いっぱいは楽しめると思いますが、量に限りがあることは確かですので、興味のある方はお早めに。

■BEER PUB BACCHUS(バッカス)
中央区八重洲1-7-7 第2山本ビルB1F
TEL: 03-3231-4666
月曜~木曜17:00-24:00/金曜・祝前日17:00-27:00
土曜17:00-24:00/日曜・祝日CLOSE
公式ホームページ ▶公式Twitter


2013/11/13 12:14 | 飲めるお店

« 前月 次月 » 2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ネットショップ
売れ筋ランキング

第1位

8種飲み比べセット

詳細はこちら



第2位

一升瓶ビール<金>

詳細はこちら



第3位

金賞ビール3種6本

詳細はこちら



第4位

ビール&ウインナー

詳細はこちら



第5位

6種飲み比べセット

詳細はこちら



サンクトガーレン有限会社 〒243-0807 神奈川県厚木市金田1137-1 TEL:046-224-2317 FAX:046-244-5757  info@SanktGallenBrewery.com