元祖地ビール屋【サンクトガーレン】

一升瓶ビール、スイーツビールなど個性的なビールを仕掛ける厚木市の地ビール蔵。日本最老舗地ビール会社で、国際大会金賞常連ビールも多数。

情報は記事を書いた時点のものです。月日の経過で状況が変わっていることがあります。過去の記事をご覧になっている場合はご注意下さい。

2012年04月01日(日)

2012年エイプリルフール終了、ありがとうございました【ちょっと裏話】

2012年のエイプリルフールも終了しました。

今年は日曜日ということでPC見ている方は少ないんじゃ…と不安もあったのですが、TwitterFaceBookgoogle+などで本当にたくさんの方に情報を拡散して頂きました。ありがとうございます。

そして購入して下さった皆様、ありがとうございます。週明けより出荷を開始致しますので、お手元に届くまで少々お待ち下さいませ。

この日のためだけに免許まで取得してしまい、やり過ぎ…!? と自分たちでも少々反省したり、しなかったり。

でも皆様に少しでも楽しんで頂けたのなら幸いです。

//////

現在すっかり市民権を勝ち得たノンアルコールビールですが、サンクトガーレンは今から18年も前に六本木でノンアルコールビールの製造・販売をしていました

その当時、日本では小規模ビール(いわゆる地ビール)の製造が認められていませんでした。そこでサンクトガーレンはアメリカで地ビールの製造を開始するのと同時に六本木でノンアルコールビールの製造を開始しました。 (当時はノンアルコールビールなら醸造免許は不要だったため)

当時はアルコールの入った普通のビールが造りたくてたまらなくて、それがかなわないから“仕方なく”ノンアルコールビールを製造していたのです。

1994年の地ビール解禁とともに、念願かなってアルコール入の普通のビールが造れるようになり、それと同時にノンアルコールビールの製造も止めました。


当時サンクトガーレンが“仕方なく”造っていたノンアルコールビールが、今違った理由で注目され、大手ビール会社も地ビール会社もこぞって参入をはじめています。


なんとなく複雑な気持ちです。
そんなことを思いながら今回のエイプリルフールに参戦したのでした。


//////

さて、いよいよ4月に突入!本格的なビールの季節がやってきます。
サンクトガーレンには新卒の新入社員が入ります。

今後ともサンクトガーレンを宜しくお願い致します!

関連記事

地ビール(クラフトビール)が飲める4月のイベント情報

2012/04/01 23:41 | ご報告

« 前月 次月 » 2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ネットショップ
売れ筋ランキング

第1位

8種飲み比べセット

詳細はこちら



第2位

一升瓶ビール<金>

詳細はこちら



第3位

金賞ビール3種6本

詳細はこちら



第4位

ビール&ウインナー

詳細はこちら



第5位

6種飲み比べセット

詳細はこちら



サンクトガーレン有限会社 〒243-0807 神奈川県厚木市金田1137-1 TEL:046-224-2317 FAX:046-244-5757  info@SanktGallenBrewery.com