サンクトガーレン お中元ギフト


予算で選ぶ「お中元ギフト」

お中元ギフト 人気ランキング

お中元の基本

お中元とは?

中国古来の祭り事に、神に供え物をして身の汚れを清める日である、1月15日の「上元」7月15日の「中元」12月15日の「下元」の「三元」があり、その3つのうち7月の「中元」が日本の盂蘭盆会(うらぼんえ/お盆のこと)と重なったことから、祖先の霊を祭るための供え物を親類縁者、隣近所に配る習慣ができたのだと言われています。 その習慣が、いつしかお世話になった人に品物を贈る習慣へと変化し、現在行なわれている「お中元」の形に定着しはじめたのは、明治30年代と言われています。

お中元を贈る時期

■お中元は東日本と西日本で贈る時期が違います
<東日本>は7月初旬~15日 <西日本>は1か月遅れの8月初旬~15日
に贈るのが一般的です。
■ 最近のお中元を贈る時期の傾向
年々お中元を贈る時期は早まっており、東日本では6月下旬の送付も珍しくなくなっています。そのため地方に関わらず7月の中ごろまでに贈るのが最近の傾向です。迷われる場合は7月初旬~15日に贈ることをお薦めします。
■ もしお中元を贈るのが遅れてしまったら・・・
◇立秋(8月7日頃)までは「暑中御見舞」。目上の方には「暑中御伺」
◇立秋から処暑(8月23日頃)までは「残暑御見舞」。目上の方には「残暑御伺」
で贈るのが一般的です。
※お熨斗は、ご注文者様のご指定のもので手配致します。上記を参考に最適なものをご指定下さい。
お中元

お中元マナー

今年だけお中元を贈りたい場合

御中元は1度贈ると慣例的になってしまい辞めるタイミングが難しいものです。そのため、特に今年お世話になった人に1度だけ贈りたい場合は熨斗を「お中元」ではなく「御礼」とすると良いですよ!

喪中の場合のお中元は?

■喪中の方へ贈るとき
お中元ではお祝いでは無いので、喪中の方へ贈っても差し支えはありません。しかし、四十九日を過ぎていない場合などは時期をずらして「暑中御見舞」「残暑御見舞」贈る方も。 いずれにしても気を付けたいのが“のし”。「お中元」の「のし」には紅白リボン結びの水引が印刷されているものが多いです。これは避け、水引無しの文字のみの“のし”で手配したほうが良いでしょう。
※サンクトガーレンの「お中元のし」は水引の無いデザインですが、「暑中御見舞」「残暑御見舞」は紅白水引が入ります。水引の無しを希望される場合は備考欄に『水引なし』とご指定下さい。

贈るのを避けたほうが良いもの

目上の方に贈る場合、「踏みつける」という意味を持つ履物類や、勤勉であることを推奨する意味を持つ時計、筆記用具類は避けた方が無難です。

お中元ギフト受注・配送期間についてのご注意

指定日お届けを希望の場合

お届け日はご注文から3日後以降で自由に設定可能です。 指定が無い場合、準備出来次第すぐに発送となります。 期間内でも注文状況により、早くに受付を〆切る場合があります。

お急ぎの場合

配達希望日を「指定無し」に設定し、備考欄に「急ぎ」と記載ください。ご注文から最短スケジュールでお届け出来るよう尽力します。(混雑時は希望に添えない場合もございます)

銀行振込のご注文は、振込確認後の発送となります。

大切な方への贈り物に安心してご利用ください

企業様へのお中元、お気軽にご相談ください(046-224-2317)パソコンからのお問い合わせはこちら

  • お持ちの住所録からの入力代行
  • お見積書・領収書の発行
  • 挨拶状の印刷・同封対応
  • 短納期での手配
  • 各種のし無料対応

個人の方でも送付箇所が多数になる場合、お気軽にご相談ください。

ページトップ

サンクトガーレン有限会社 〒243-0807 神奈川県厚木市金田1137-1 TEL:046-224-2317 FAX:046-244-5757  info@SanktGallenBrewery.com