和梨のヴァイツェン

瑞々しい梨風味を詰め込んだ
フルーティーな味わい

小麦麦芽を主原料としたフルーティーなヴァイツェンというスタイルをベースに、細切れにした梨、ペーストに加工した梨、ジュースに加工した梨を3段階に分けて加えています。

ヴァイツェン酵母にはもともと梨や桃に例えられる甘い香りがあります。そこに本物の梨を合わせて使用することで、瑞々しくフルーティーなビールに仕上げました。
 

■商品概要

内容量 330ml
原材料 麦芽,ホップ
副原料 梨(神奈川、新潟産)
アルコール度 5.5%
賞味期限 60日(要冷蔵)
スタイル フルーツビール
使用麦芽 ペールエールモルト、ホワイトウィート
使用ホップ ザーツ
IBU 18
初期比重 1.056
SRM 3
JANコード 4560375141167

このビールは日本で認められている量以上の果物を使用しているため“発泡酒”表記になります。麦芽率は50%以上なので酒税はビール同じで「節税型発泡酒」とは一線を画します。

 
 

傷などの“訳あり”梨をビールに活用

このビールには、表面の傷やいびつな形などで出荷不可となってしまった“訳あり”梨を買い取って有効活用しています。
近年では “蜜症(みつしょう)” の果実が大量発生し、梨農家を悩ませています。

蜜症は天候不順などで果実内の糖分が偏って透明化する現象です。写真の透明部分が蜜症です。
リンゴでは喜ばれる蜜ですが、梨に発生すると特有の食感が失われるため廃棄処分になってしまいます。
蜜症の梨は見た目や食感は悪いですが、食用としては何の問題もありません。
その果実活用の相談を受け、神奈川県の梨農家より豊水・幸水・菊水の3種の梨を買い取ってビールに使っています。
梨は細切れにしたもの、ペーストに加工したもの、ジュースに加工したものを醸造工程で3段階に分けて加えています。
そうすることで梨の甘い香り、瑞々しい風味をビールにギュッと閉じ込めました。

ネットショップで注文する

ボトルの販売は10月中旬を予定しています。
発売情報を漏らさず入手するにはメルマガへのご登録がお薦めです。

 

和梨のヴァイツェン<ボトル>販売店

ボトルの販売は10月中旬を予定しています。
発売情報を漏らさず入手するにはメルマガへのご登録がお薦めです。

 

和梨のヴァイツェン<樽生>が飲める店

2022年9月22日(木)~29日(木)、サンクトガーレンタップルーム先行提供

2022年9月30日(金)~10月16日(日)、横浜オクトーバーフェスト サンクトガーレンブース提供


10月中旬以降、一部ビアバーでもお楽しみ頂ける予定です。

<ビアバーの方へ>
和梨のヴァイツェンの発送日は決定次第、こちらのメルマガ(業務用)にてご案内いたします。
数量が少ない場合、これまで取引実績のあるお店様を優先させて頂きますので、ご了承下さい。


 

サンクトガーレン ビールラインナップ