元祖地ビール屋【サンクトガーレン】

一升瓶ビール、スイーツビールなど個性的なビールを仕掛ける厚木市の地ビール蔵。日本最老舗地ビール会社で、国際大会金賞常連ビールも多数。

7種の桃のエール<樽生限定>

2018年9月5日より樽生限定発売。7種の国産桃(※)を使用したフルーツビールです。
当面は秋のビールイベントと特定のお店限定での発売になりますが、10月中旬以降サンクトガーレン取扱いビアバーへの出荷を予定しています。
※あかつき、白鳳、まどか、川中島白桃、夢しずく、加納岩白桃、日川白鳳

ビールは大麦麦芽を使用するのが普通ですが、このビールは大麦より柔らかくトロリとした飲み口を表現できる小麦麦芽を合わせて使用しています。

白濁したビールから漂う香りは甘い桃そのもので、まさに大人のピーチネクターです。

桃ビール

はねだし(規格外)の桃を有効活用したビールです

この夏の異常な高温続きで果実の一部が変色してしまった“日焼け果”など、一般には販売出来ないはねだし桃を有効活用しています。

桃ビール

サンクトガーレンではこの桃のエール以外にも、神奈川の規格外オレンジを使ったビール「湘南ゴールド」、長野の規格外リンゴを使った「アップルシナモンエール」などを製造・販売しています。
規格外果実の有効活用はフルーツビールの原材料のコストを抑えるのに役立ち、弊社にとっても農家にとっても双方にメリットのある取り組みとなっています。

桃はピューレに加工してから投入

桃のビールは毎年秋に樽生限定でつくっていますが、今年は猛暑の影響で桃の収穫時期が予定より数週間も早まってしまったため、初めて桃をピューレに加工してから使用しました(ピューレに加工して冷凍しておきました)。

桃ビール

これまでの粗切り桃に比べるとビールとの馴染みもよく、桃感がアップしています。
またピューレに加工することで、これまでより多くの量の桃を釜に投入することが出来るようにもなり、過去の桃ビール最高量の約400kgの果実を使用しています。

桃ビール

 

7種の桃のエール、ここで飲めます

【1】けやきひろば秋のビール祭り 26番 サンクトガーレンブース
日程:2018年9月5日(水)~9日(日)
場所:さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ

【2】横浜オクトーバーフェスト
日程:2018年9月28日(金)~10月14日(日)
場所:横浜赤レンガ倉庫

【3】Bakery&Beer Butchers (ベーカリー アンド ビア ブッチャーズ)


2018年春、本厚木にオープンしたシャルキュトリー工房とパン工房を併設したビアレストラン。
朝8時から1日中サンクトガーレン三昧できるお店です。このお店では在庫がある限りずっと提供します。
住所:神奈川県厚木市中町2‐7‐16 内田ビル1F(アクセス:小田急線 本厚木駅 徒歩5分)
電話:046-259-9125
営業時間:平日 8:00~24:00(L.O. 23:00)/ 週末 8:00~1:00(L.O. 24:00)
Facebook:https://www.facebook.com/BakeryBeer-Butchers-954239458091141/
Instagram:https://www.instagram.com/bbbutchers2018/
7種の桃のエール販売価格:中グラス 650円/大グラス 850円/4種選べる飲み比べ 1,200円

美味しさの秘密は少しの遊び心♥


サンクトガーレン有限会社 〒243-0807 神奈川県厚木市金田1137-1 TEL:046-224-2317 FAX:046-244-5757  info@SanktGallenBrewery.com