元祖地ビール屋【サンクトガーレン】

一升瓶ビール、スイーツビールなど個性的なビールを仕掛ける厚木市の地ビール蔵。日本最老舗地ビール会社で、国際大会金賞常連ビールも多数。

ジンジャーIPA

その名の通り生姜を使ったIPAスタイルのビールです。

生姜ビール??とびっくりするかもしれませんが、現在ジュースとしてお馴染の「ジンジャーエール」の“エール”は、もともと上面発酵ビールの総称であるエール(Ale)のこと。
上面発酵ビール(エール)、下面発酵ビール(ラガー)の違い

「ジンジャーエール」は発祥地のイギリスではビールのことでした。
それがいつの間にかアルコールの入っていない清涼飲料水として有名になりました。

1回のジンジャーIPA仕込みに使っているのは約200個の生姜。
細かくして入れるほど生姜の風味が出やすくなります。

1番良いのはすりおろして入れることですが、そうするとビールが濁ってしまう…。
そのためサンクトガーレンでは200個の生姜を人力で針生姜にして投入しています。



ご存知の方も多いと思いますが、サンクトガーレンは創業当時、飲茶会社のビール部門としてスタートしています。
サンクトガーレンの歴史

当時のスタッフの手にかかれば200個の生姜を針生姜に加工することなどあっという間(もちろん全てのスタッフに出来る訳ではありません)。

サンクトガーレンのフルーツビールは湘南ゴールドアップルシナモンエールもこうやって果実を手切りしている訳ですが、その工程の大半がこのスタッフに支えられていると言っても過言ではありません。

生姜は風邪予防や、冷え対策にもなると言います。
実際、このビールを飲むとピリッとした生姜独特の辛さが広がり、身体がポカポカして来ます。
 


サンクトガーレン有限会社 〒243-0807 神奈川県厚木市金田1137-1 TEL:046-224-2317 FAX:046-244-5757  info@SanktGallenBrewery.com