元祖地ビール屋【サンクトガーレン】

一升瓶ビール、スイーツビールなど個性的なビールを仕掛ける厚木市の地ビール蔵。日本最老舗地ビール会社で、国際大会金賞常連ビールも多数。

情報は記事を書いた時点のものです。月日の経過で状況が変わっていることがあります。過去の記事をご覧になっている場合はご注意下さい。

2012年02月10日(金)

大惨事!?床一面のチョコビール

すごい光景ですが、実はインペリアルチョコレートスタウトの醸造で毎年いつも見られる1シーンです。

続きを読む...

2012/02/10 12:11 | ビール工場の毎日

2011年03月23日(水)

XPAの仕込水はまっ子どうしの採水|はまっ子どうしの濁度はなぜ0ではなく、0.0000なのか?

今さっきスタッフが山梨県の道志川(どうしがわ)の採水から帰って来ました。

この水はYOKOHAMA XPAの仕込に使う水で、横浜市の水道源水でもあります。通称「はまっ子どうし」。

スタッフNが山梨県の道志川から採水から帰って来ました。XPAの仕込に使う水で、横浜市の水道の源水でもあります。通称はまっこどうし。
   採水は58L樽に、空気に触れないように行います(空気に触れるとNG)


はまっ子どうしの最大の特徴は、濁度0.0000という驚異の透明度。(通常の水道水なら0.1以下)


その驚異的透明度がゆえに、大航海時代に「赤道を超えても腐らないゴールデンウォーター」と世界の船乗りに絶賛されたのだとか。(冷蔵設備の無い船の中に不純物の多い水を置いておくと、腐敗したり、藻が発生します)


ところで、なぜ濁度表記0でなく
0.0000なのか?


0と0.0000は一見同じに見えますが、実は大きく違います。
 
簡単に言うと0.1は“ほぼ0”な訳です。四捨五入すれば、0.4だって0。


例えばノンアルコールビール。
 
キリンフリー(0.00%)が発売されるまで、ノンアルコールビールは0.1%程度の微量のアルコールを含んでいました。そのため、理論上ノンアルコールでもたくさん飲めば酔っぱらう可能性があったのです。
 
ところがキリンフリーはアルコールを生成しない製法で造られているとのことなので、さらに細かく示すと0.0000000・・・・∞ 以下省略。という感じになる訳です。

0なら0でシンプルな表記で良いのでは?と思うのですが、
そこには厳密に表記しなければならない理由があるのです。
 
 
ちなみに「はまっ子どうし」の0.0000以下はどうなっているのか?
0.00001なのか、0.000000・・・・∞なのか?
実はそれが不明なのです。

なぜなら、0.0000が濁度メーターの計測の限界なのです(笑)

続きを読む...

2011/03/23 14:43 | ビール工場の毎日

RSS

Twitter



Facebook Englishページ





イベントカレンダー


Flickr


instagram


tumblr


TouTube

« 前月 次月 » 2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ネットショップ
売れ筋ランキング

第1位

8種飲み比べセット
4,050円 送料込

詳細はこちら



第2位

一升瓶ビール<金>
3,000円/送料込

詳細はこちら



第3位

金賞ビール3種6本
2,920円/送料込

詳細はこちら



第4位

ビール&ウインナー
3,580円/送料込

詳細はこちら



第5位

6種飲み比べセット
3,120円/送料込

詳細はこちら



サンクトガーレン有限会社 〒243-0807 神奈川県厚木市金田1137-1 TEL:046-224-2317 FAX:046-244-5757  info@SanktGallenBrewery.com